2009年12月企画 松江のシンボル!城山敷地内トイレ大掃除

2009年12月26日(土)

師走
今年もあっという間に3週間を切りました。
皆さんは身近な所の大掃除してますか!

そこで今月12月の活動は、城山の敷地内トイレ清掃を行うことを決めました。 長年に渡り松江の顔として県内外や世界からの観光客を出迎え、そして松江のシンボルとして市民に恩恵を与え続けてきた松江城。
そこで参加メンバーで感謝の思いを込めて敷地内にある4箇所のトイレ清掃をすることになりました☆

(詳細)
日にち:2009年12月26日(土)
時間:9時~12時
集合場所:城山正門(県民会館向かい)
持ち物:ゴム手袋、ホース、たわし、トイレ用洗剤、ゴミ袋、すっぽん等

 

【参加者の感想】

今回のトイレ清掃で沢山の勉強をすることができました。
旅行や花見や祭りと言った普段遊びの場に当たり前にあるそのトイレを誰が掃除をして誰が管理をしていることも知らず昨日まで使っていました。
数多くの公共施設のトイレは、僕達のおばあちゃん達【シルバー人材センター】が毎日朝と昼に分かれて清掃をされています!
お歳を聞けば、70歳~80歳のかなりのご高齢の方ばかり。。。
そしてなにより驚いたのが、トイレを清掃すると言う人から言わせて見ればその単純な行為にプライド・誇り・情熱を持っておられること!
僕等はたわしや洗剤を持って意気揚々と向かったのですが、素人には便器やタイルや床はいっさいノータッチでとはっきり言われました!!!
なので僕等は、ご高齢で普段手の届かない電球・高い壁・雨戸井などをキレイにしました。
終わってみて清掃のおばちゃんに沢山感謝をされましたが、それ以上にこちらが感謝の気持ちで一杯でした☆

                   吉田智哉

お疲れ様でしたm(__)m
普段当たり前の様に利用していたけど、今回参加させてもらって、清掃をやられているのが朝昼わかれて一人ずつと言うのが驚きました!
それもかなり丁寧にw(°0°)w
普段公衆トイレが綺麗に利用できるのも、こういった方々の活動があっての事だなと、改めて思いました。

                 桑原裕之